MENU

富士市で外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修、防水工事リフォームのことなら、外壁・屋根&防水塗装専門店 ケイテックスへ

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 塗装の劣化はどう見抜く?セルフチェックリストpart1

塗装の劣化はどう見抜く?セルフチェックリストpart1

塗装の豆知識

2017.05.20 (Sat) 更新

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

前回は塗装が劣化して役割を果たせなくなると起こる恐ろしい現象についてお話ししました。
しかし、「いつ塗り替えればいいかわからない!」という方がほとんどだと思います。
そこで今回は劣化の目安となるポイントを挙げていきますので、塗り替えの目安としてお使いください。

・目安は建ててから約10年
塗装の耐用年数は約10年だと言われています。
ただし例外もあります。

施工がいい加減に行われていた場合、わずか1~2年で塗料が剥がれてしまう可能性があります。忌々しき事態ですが、悲しいことに全くないとは言い切れないのです。

そのため、塗装業者もしっかり選ぶ必要があります。各塗料メーカーの仕様書に基づく徹底した施工・管理が行われていることを必ず確認してください。仕様書を順守しない場合は塗料の性能が発揮されない恐れがあります。

・外壁を触ると白い粉が付く
これは「チョーキング現象」と呼ばれます。塗料の成分は色などをつける「顔料」、外壁や顔料を保護して美観や機能を守る「樹脂」、それらがうまく機能したり塗りやすくしたりする「添加剤」の3つで構成されています。

保護膜である樹脂が劣化すると顔料が剥き出しになり、顔料は元々粉状なので劣化すると粉状に戻ってしまいます。そのため、触ると粉状になった顔料が付着します。

顔料が粉状になっているということは、樹脂は機能しなくなっているため防水機能は弱まっています。そのため、チョーキング現象が起きれば塗り替えをすることが望ましいです。

続く

外壁・屋根&防水塗装専門店 ケイテックスのホームページへようこそ

ケイテックス 代表取締役

石川 勝將
KATSUMASA ISHIKAWA

この度はケイテックスのホームページをご覧いただきありがとうございます。代表取締役の石川です。弊社は静岡県富士市地元密着の外壁塗装・屋根塗装&防水塗装の専門会社です。

私は不良工事をなくして、お客様に笑顔になって頂きたい、お客様の大切なご家族を守る家を少しでも長持ちさせたい、という想いから、建物のプロである建築士資格を取得しました。

そして、お客様に10年先も笑顔でいて頂くことを一番に考えおります。そのためには、お客様のお家に間違いのないプランを提案し、まごころを込めた丁寧な塗装工事を行うことを心がけております。

ケイテックスには熟練の技術を持った経験豊富な自社職人がいますので、高い施工品質を実現することができております。 外壁塗装・屋根塗装&防水塗装の専門のプロフェッショナルとして、お客様のお悩みや不安を解消するお手伝いをさせていただきます。

是非お気軽にお声掛けください。

  • ショールーム アクセスマップ

    ケイテックスショールーム

    〒417-0061
    静岡県富士市伝法3108−4
    TEL:0545-37-0030 
    FAX:0545-37-0032
    営業時間 10:00~18:00

    ショールームについて詳しくはコチラ

    相談無料 見積無料 診断無料お気軽にお電話ください

    0120-376-030
    受付時間10:00~18:00

    無料お見積依頼

    他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!

ショールームオープン記念!ご予約+ご来店でクオカードプレゼント!

ありがとうございます!

たくさんのご相談を頂きました

11月のお問い合わせ
31
10月のお問い合わせ
42
9月のお問い合わせ
38
知らないが一番損をします!初めての方はコチラ 外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! 今だけ期間限定!外壁塗装49.8万円
お客様の声 くわしくはこちら ケイテックスのスタッフ紹介 アパート・マンションの塗装をお考えの方へ お家の色選びで迷ったらカラーシミュレーション ケイテックスの採用情報
プレマテックス T-POINT マイベストプロ