MENU

富士市で外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修、防水工事リフォームのことなら、外壁・屋根&防水塗装専門店 ケイテックスへ

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 塗料の長持ち度合いは何で変わるのか?静岡県富士市の外壁塗装業者が解説

塗料の長持ち度合いは何で変わるのか?静岡県富士市の外壁塗装業者が解説

塗装の豆知識

2018.09.26 (Wed) 更新

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。
家の外壁が徐々に劣化してきており、そろそろ外壁塗装をお考えの方は、何回も塗装するのが面倒くさいと思われている方も多いことでしょう。
外壁塗装をするのであれば、耐用年数が長く、長持ちするものが良いですよね。

ただ、塗料の長持ち度合いは何で変わるかご存知でない方は意外と少なくありません。
今回は、塗料の長持ち度合いについて紹介します。

□塗料の長持ち度合いの違い

外壁塗装を依頼する上で、塗料の違いは知っておかなければいけません。
塗料の長持ち度合いは耐用年数を元に判断することができます。
つまり、耐用年数が長ければ長持ち度合いも長くなるということです。
塗料メーカーが違っても、どこの塗料メーカーも塗料の種類は同じであるため、塗料の種類ごとの耐用年数を把握しておけば心配ありません。

ただ、耐用年数が高い塗料は、それに比例して値段も高い傾向があるため注意が必要です。
一般的にフッ素系塗料などは、耐久性が高いものの価格も比例して高いという特徴があります。
逆にウレタン系やアクリル系が含まれている塗料は、耐用年数がフッ素ほど高くなく価格も比較的安めです。

また、塗料に含まれている成分だけではなく液体のタイプでも耐久性は違ってきます。
液には、水性塗料と油性塗料の2種類があるのですが、油性塗料の方が、価格は高めですが耐久性があります。
また、仕上がりが安定するという面もあります。

□まとめ

今回は、塗料の長持ちの度合いについて紹介しました。
外壁塗装をお考えの方は、上記の長持ち度合いをぜひ参考にしてください。

外壁・屋根&防水塗装専門店 ケイテックスのホームページへようこそ

ケイテックス 代表取締役

石川 勝將
KATSUMASA ISHIKAWA

この度はケイテックスのホームページをご覧いただきありがとうございます。代表取締役の石川です。弊社は静岡県富士市地元密着の外壁塗装・屋根塗装&防水塗装の専門会社です。

私は不良工事をなくして、お客様に笑顔になって頂きたい、お客様の大切なご家族を守る家を少しでも長持ちさせたい、という想いから、建物のプロである建築士資格を取得しました。

そして、お客様に10年先も笑顔でいて頂くことを一番に考えおります。そのためには、お客様のお家に間違いのないプランを提案し、まごころを込めた丁寧な塗装工事を行うことを心がけております。

ケイテックスには熟練の技術を持った経験豊富な自社職人がいますので、高い施工品質を実現することができております。 外壁塗装・屋根塗装&防水塗装の専門のプロフェッショナルとして、お客様のお悩みや不安を解消するお手伝いをさせていただきます。

是非お気軽にお声掛けください。

  • ショールーム アクセスマップ

    ケイテックスショールーム

    〒417-0061
    静岡県富士市伝法3108−4
    TEL:0545-37-0030 
    FAX:0545-37-0032
    営業時間 10:00~18:00

    ショールームについて詳しくはコチラ

    相談無料 見積無料 診断無料お気軽にお電話ください

    0120-376-030
    受付時間10:00~18:00

    無料お見積依頼

    他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!

ショールームオープン記念!ご予約+ご来店でクオカードプレゼント!

ありがとうございます!

たくさんのご相談を頂きました

9月のお問い合わせ
38
8月のお問い合わせ
28
7月のお問い合わせ
31
知らないが一番損をします!初めての方はコチラ 外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! 今だけ期間限定!外壁塗装49.8万円
お客様の声 くわしくはこちら ケイテックスのスタッフ紹介 アパート・マンションの塗装をお考えの方へ お家の色選びで迷ったらカラーシミュレーション ケイテックスの採用情報
プレマテックス T-POINT マイベストプロ