ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


ブログ

屋根の防水工事にはどのような種類がある?|静岡県富士宮市

2019.03.31

こんにちは。
富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

 

 

屋根の防水工事にはどのような種類があるかを、静岡県富士市で屋根、住宅の外壁塗装や防水、リフォームを行っている有限会社ケイテックスが説明します。

 

 

まずウレタン防水工法というものがあります。
補修が割合と簡単で、下地の形状が複雑でも対応する事が出来、継ぎ目もなく均一的な仕上がりになるというのがメリットです。
通気緩衝シートがふくれるのを防いでくれ、耐久性もあり、防水層が軽量なので建物にも負担をかけません。

 
ただ工事の各工程で乾燥させないといけないので工期がかかるというのがデメリットです。
またトップコートを定期的に交換する必要があるというのもデメリットとして挙げられます。
次にゴムシートをはるという工法があります。
ゴムシートはコストが安く済み、伸縮性も高く耐久性にも優れているのでおすすめです。
しかも工事期間も短くて済みます。
ただ複雑な形状にはあまり向いておらず、施工者によっては精度にバラツキが出てしまうというのがデメリットです。

 

 
他にも塩ビシートを使った工法があります。
既存の防水層の上に塩ビシートをかぶせる事が可能で、雨等にも影響を受けずに施工出来るので工期が短くて済みます。

 

 
しかし塩ビシートはゴムシートよりも値段が高く、施工時には振動と騒音が出るので近所には配慮が必要です。
塩ビシートは軽量で施工もしやすいのがメリットですが、複雑な形状にはあまり向いていないというデメリットもあります。

屋根塗装をする際に気になる、人気の色って?|静岡県富士市

2019.03.29

こんにちは。
富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

 
屋根塗装を行おうと思った時に気になることの一つに、どのような色にするかどうかが挙げられます。
屋根は普段目に入りにくい部分ではありますが、家全体で見た場合には面積が大きい部分なので、周りからのイメージにも大きな影響を与えることでしょう。
選び方によって家のイメージもがらりと変わることから、できる限り外壁のデザインなども考慮したうえで、まとまりのあるカラーを選びたいものです。

 

 

静岡県富士宮市の屋根塗装で人気の色としては、まず第一にスチールグレーが挙げられます。
スチールグレーとは鋼のような青みをおびた濃い灰色のことを指し、真っ黒ではなくやや軽い印象を与えることから、重たいものはなるべく控えたいと思う人にお薦めの色と言えます。

 

 

そして現在人気を上げているものがアイボリーブラックです。
アイボリーとは象牙を意味する言葉で、アイボリーブラックは象牙を焼いて炭にしたものを指しています。
暖色系にあたる黒となっているので、同じ黒とは言え温かみのある印象に仕上がることでしょう。

 

 

さまざまなものがあってどれを選べばよいかわからないのであればトゥルーブラックがお勧めです。
高コントラストで深みのある黒で、印象深い高級感を与えることができるでしょう。
どんなスタイルでもオールマイティーに合わせられることから、悩んだ場合には特におすすめと言えます。

外壁塗装っておすすめの時期があるの?|静岡県富士宮市

2019.03.27

こんにちは。
富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

 
富士市で外壁塗装を考えているなら、注意しておきたいのは時期です。
工事を行う時期が悪いとスケジュールが予定より延びてしまい、費用が膨らんだり計画に狂いが生じる可能性が出てきます。
スムーズに外壁塗装を行うためにも、ベストなタイミングで工事を依頼しましょう。

 

 

一般的に外壁塗装に最適と言われているのは、春と秋です。
春と秋は一年の中でも比較的安定した気候なので、春雨前線や秋雨前線が抜けた後なら雨が少なく、当初のスケジュール通り工事を行うことができます。
また温度や湿度も塗料にとってはベストなので、塗装をした後もしっかりと乾き綺麗な仕上がりになります。
春か秋に外壁塗装する際に気を付けておきたい点としては、予約は早めにしておくということです。
一年で最も適している時期なので施工会社には予約が殺到していますから、早めに連絡して予定を抑えておくと良いでしょう。

 

 

一年で最も外壁塗装に向いていないとされるのは、梅雨から夏にかけてと冬です。
梅雨の時期は雨が多く湿度も高いので、スケジュール通りに工事を行えない可能性が高いです。
また気温が上がりすぎると塗膜に気泡が入り仕上がりが悪くなので、夏は向いていません。
気候が温暖な静岡県なら心配は少ないですが、冬は雪の影響も念のため考える必要があるためできれば避けるのが良いとされています。

トラブルに巻き込まれないためには|静岡県富士宮市での防水工事

2019.03.24

 

 

 

建物における身近なトラブルに「漏水」があります。
漏水の主な原因は防水工事によるところが大きいため、建物を建てる上で特に注意したい工種だと思います。
そこで防水工事におけるトラブルを避けるための方法があります。

 

 

防水工事でトラブルに巻き込まれないために重要なのは、建物においてどこに漏水のリスクがあるかを施工会社と共有し、リスクを解決する方法を施工の前に確認することです。

具体的には、外壁回りの収まりや各部位の端部・取合部などです。

リスクを事前に共有することで、施主・施工会社とも納得のいく工事ができるようになると思います。

 
また、新築住宅の案件であれば先述したリスク箇所を極力避けることを目的として、逆算的に漏水リスクの少ない建物形状を優先する考え方もあります。
そのほかに、防水工事の最大の目的である防水機能をどう実現しているか知ることも肝心です。

 

具体的には「シーリング」や、「塗膜防水」といった各種防水のおさまりです。防水性能がシーリングで確保されている箇所であれば、経年劣化に伴う定期的な修繕が必須になるという具合です。

 
また、上記のほかにも現場監督の方の知識・経験により、防水工事の品質が左右されることもあります。建物は一点生産モノで同じものが存在しないため、経験の多さによりリスクを回避できるケースもあります。
富士宮市にある弊社では、リスクを常に想定しきめ細やかな配慮を心がけています。

依頼するのが良い時期って?|静岡県富士市での防水工事

2019.03.22

屋根はそのままだと雨漏りの原因になってしまいます。

そのため、専門業者に防水工事の依頼をする必要があります。

静岡県の富士市には工事の評判の高い業者があるので依頼することをおすすめします。

 

 

ただ、気になるのはいつ頃依頼することが好ましいのか、どの時期に依頼するのが良いのかということは素人の方だとよくわからない所も多いのではないでしょうか。

 
専門業者では、屋根の防水工事に適した時期というのは春か秋の季節が適しているという判断をしています。

なぜかと言うと、夏場に防水シートを加工すると、冬場の寒さで縮んでしまうことがよくあることだからです。

 

また、逆に冬場に防水シートを張ると今度は夏場に熱で膨張してしまい、雨漏りの原因をもたらしてしまうことがあるからです。

気候が良い春と秋には工事の依頼が増えます。

そのため前もって予約を入れて、工事の時期の調節をすることが好ましいです。

 
お客様の都合の良い時期にお伺いできればそれが一番良いことではありますが、春や秋という時期は防水工事に適した時期であることから工事の依頼が増えます。

 

そのために、どうしてもこちら側もお伺いする時間帯やタイミングを調節する必要があるため、早めにご連絡を頂いたほうが予定の調整がしやすいという理由から、できるだけ早い段階でご相談頂きたいと考えているのです。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP