ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


ブログ

外壁におすすめの塗料って?静岡県富士宮市の業者が解説

2018.10.10

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。
外壁塗装をする際に、塗装の量が多くてどれにすれば良いかわからないという方もおられることでしょう。
今回は、そういった方に向けておすすめの塗料について紹介します。

□おすすめの塗料

一般的に、人気があるのがシリコン塗料です。
シリコン塗料とは、合成樹脂がシリコン系樹脂によってできた塗料のことをいいます。
どの塗料にすれば良いのかわからないという時に、シリコン塗料を選んでおけば間違いないといわれているくらいの人気があるのです。
シリコン塗料の特徴として、耐久性や耐候性に優れています。

そのため、雨風やホコリなどにさらされてもなかなか劣化せずに、外観を綺麗さを維持できるという特徴があります。
そのほかに、劣化しにくいという特徴があります。
通常の外壁塗装の光沢は、時間が経つにつれて、その美しさは失われていきますが、シリコン塗料の場合は、時間が経っても美しい光沢が維持され続けます。
ウレタンなどの塗料は、値段が安いというメリットがありますが、耐用年数が短いため、短い頻度で再度塗り直す必要があります。

ただ、シリコンの場合は、価格は少し高いですが耐用年数が長いため、ウレタンなどに比べて塗り直す必要がありません。
そのため、長期的目線で見ればシリコンの方がお得といえるでしょう。

□まとめ

今回は、おすすめの塗料としてシリコン塗料を紹介しました。
外壁の塗料にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

外壁の防水が機能しなくなると起こること。静岡県富士市の業者が解説

2018.10.08

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。
外壁の防水機能が劣化するとどうなるのかご存知でしょうか。
あまり、知らない方が多いため外壁塗装にも関心を持っている方があまり多くいません。

防水機能を維持するためには、外壁塗装が必要となるのです。
今回は、防水機能が劣化するとどうなるのかについて紹介します。

□外壁の防水機能がなくなるとどうなるのか

外壁の防水機能がなくなるということは、外壁自体が劣化しているということです。
外壁が劣化することによりさまざまな弊害が生じます。
防水機能がなくなることにより、室内に雨漏りが生じます。

外壁は、雨風などから室内を守っていますが、劣化することにより雨が浸水し、最初は天井や壁などにシミとなって現れます。
ずっと放っておくことによって、家を支えている木材などを劣化させてしまい、家の耐震性の低下につながります。
また、室内の湿気がひどくなり壁などが湿気を帯びたりするようになります。

その壁が再度乾くことによって、壁にゆがみが生じてしまいます。
このゆがみがひどくあんることによって、壁に小さなヒビが発生するようになります。
そういったことを避けるためにも外壁塗装は重要なのです。

□まとめ

今回は、外壁の防水機能がなくなるとどうなるのかについて紹介しました。
ぜひ、雨漏りなどにお悩みの方は当社にご連絡ください。

比較サイトだけで決めるのが危険な理由を静岡県富士宮市の外壁塗装業者が解説

2018.10.06

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。
外壁塗装を依頼する際に、どのようにして業者を決めていますか?
インターネットで比較サイトを参考にしている方も多くないのでしょうか?

実は、比較サイトのみを参考にするのはあまり良くありません。
今回は、比較サイトだけで決めることが危険な理由を紹介します。

□比較サイトだけで決めることが危険な理由

外壁塗装の業者を決める際に、比較サイトのみで決めることはあまり良いとはいえないでしょう。
比較サイトには、サイトを閲覧している人が決めやすいようにさまざまな業者を比較しています。

たしかに、一括見積もりサイトでは、一社一社に問い合わせして見積もりを出してもらうという手間が省け、なおかつ簡単な手続きで複数の業者から見積もりを出してもらうことができます。

ただ、軽い気持ちで比較サイトによって多くの業者に見積もりを依頼すると、それぞれの業者と連絡を取らなければいけないため、大変手間がかかります。
また、多くの業者に見積もりを依頼すると、それぞれの強みを説明されるため、頭が混乱して何が良いのかわからなくなります。
そのため、見積もりを依頼する際は、3社程度に絞っておきましょう。

□まとめ

今回は、比較サイトだけで決めることが危険な理由を紹介しました。
比較サイトの利用をおすすめしないといってるわけではないのですが、利用する際は、しっかりとこの記事を参考にしてください。

秋雨の時期は屋根塗装に向いていない?静岡県富士市の業者が解説

2018.10.04

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。
秋には、梅雨と同じくらいの雨量が降るのが特徴的な秋雨の時期があります。
秋雨の時期にあまり屋根塗装はおすすめできません。
今回は、秋雨の時期に屋根塗装をしない方が良い理由について紹介します。

□秋雨の時期に屋根塗装をしない方が良い理由

夏から秋へ季節が変わる時に、夏の時期に夏特有の暑さをもたらした太平洋高気圧が南下し、大陸の冷たい高気圧が北日本方面に移動してきます。
この性質の違う2つの気圧がぶつかることにより発生するのが秋雨です。
秋雨の時期は、台風も発生しやすく激しい雨が降ることが多いため、屋根塗装に向いていないのです。

一般的に塗装できない条件として、
・気温が5℃以下
・湿度が85%以上

とされています。

そのため、秋雨の時期は湿度が高い日が多いため施工できない日がなかなか多いのです。
逆にいうと、上記の2つの条件に当てはまらなければ季節関係なく施工が可能とにうことです。

ただ、春と秋は、屋根塗装をする季節としては最適なため、大変混み合っている傾向があります。
そのため。秋に屋根塗装の依頼をお考えの方は、早めの予約が必要となります。
ただ、台風などの季節なため日程通りすすまない可能性もあるため注意が必要です。

□まとめ

秋に屋根塗装をお考えの場合は、しっかり天気予報をチェックしてから予約するようにしましょう。

屋根の防水機能がなくなると?静岡県富士宮市の業者が解説

2018.10.02

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。
屋根の塗装を怠るとさまざまな弊害が生じることをご存知でしょうか。
あまり、知らないという方は意外と多いです。

屋根の塗装が劣化してくると防水機能などがなくなります。
今回は、屋根の防水機能がなくなるとどういった弊害が生じるのか紹介します。

□屋根の防水機能がなくなると生じる弊害

屋根の塗装をしないと、基本的に屋根材が劣化していきます。
劣化すると、屋根の防水機能がなくなります。
屋根の防水機能がなくなると、起こりうる一つの弊害として雨漏りがあります。

雨が降った日などは、天井から雨水が浸入し、天井などにシミが発生してしまいます。
このまま放置すると湿気がたまりやすくなり、カビが発生してしまいます。
また、木材の腐食などにつながるため、家の耐久性低下につながってしまいます。

また、雨漏りが生じることによって水が電気の通っている場所に接触すると漏電してしまう可能性があります。
また、最悪の場合漏電によって火事が発生してしまうこともあります。
そういったことを防ぐためにも屋根の塗装は必要なのです。

□まとめ

今回は、屋根の防水機能がなくなった際に生じる弊害について紹介しました。
防水機能を維持するためにも屋根の塗装は重要となるのです。
屋根の塗装をお考えの場合は、ぜひケイテックスにおまかせください。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP