ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


ブログ

外壁塗装でよくある失敗とは?静岡県富士宮市の業者が解説

2018.06.08

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

「外壁塗装で失敗したくない!」
今回はこのようにお思いになられている方に向けて、外壁塗装を業者に依頼するときによくある失敗事例を三つほどご紹介して、何を注意すればよいのかについてお話いたします。

●相場がわかっておらず高い買い物に

金銭面での失敗が多く生じているのは、外壁塗装においては費用の相場が見えにくいという点に要因があります。
同じ内容で同じような質の工事なのに会社によって料金が違うというのはよくあることで、工事が終わってからもっと安くできることにきづくという失敗があります。

これを避けるためには、複数の業者に見積もりを依頼して比較検討をする相見積もりがお勧めです。
また費用面の失敗としては「X円から~」「基本料金XX円」「一括Y円」「特別価格!」といった言葉に惹かれて契約したものの実際の支払いは表示価格よりはるかに高かったということもあります。

どういうことなのかがわかりにくいという場合には、他の記事で詳しく触れておりますので、そちらも参考にしていただけますと幸いです。

これを避けるためには、ご自身が行う場合にもその金額なのかあるいは対象に含まれるのかということについて確認することが大切です。

●オリジナル塗料という言葉に惹かれてしまった

オリジナルや独自といった表現は魅力的に感じるものですよね。
しかしながら、これを巡る失敗もしばしば起こっています。

使われた塗料が質の低いものだったために短期間で不具合が生じたということや大した質ではないのに高額の料金を支払ってしまったという事例があります。
塗料の種類は数十種類もありません。

特に日光や降水を受け続ける外壁については耐久性の高い塗料が中心になり、使われているものも限られてきます。
一部のみが使われているのはそれだけ現状では総合的に見て優れているということであり、一方で新しい塗料の開発が難しいということにもなります。

中身が何かわからないものに飛びついて高い費用をかけるよりは、よく使われている塗料の中から選ぶのが無難です。

静岡県富士市で屋根塗装の失敗を避けるために知っておきたいこと

2018.06.06

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

屋根塗装においても失敗というのは少なからずあることです。
施工してそれほど期間が経っていない時につまり塗料の耐久年数よりも短い時期に塗膜の剥がれなどの不具合が生じてくるということもあります。

これは業者の施工ミスということもあるのですが、原因の一つとして考えられるのが塗装を行う時期を間違えたということです。

◎塗装の失敗につながる!?重要な時期選び

塗装を行ってもよいと定められている条件を満たしていれば塗装自体は行えます。
しかしながら、塗装の機能を最大限に発揮できるのとはまた別の話です。

たとえば、春は気温が上がってきますと作業もしやすいですし塗料の乾きも徐々に速くなります。
ただし短期的な降水があるので雨によって塗料が乾く前に湿気を含んでしまうことがあります。

また夏は高温によって作業を行うのが困難になることもあるだけではなく急な雷雨が起こりやすい季節です。
特に梅雨の時期は長期にわたって湿気が高いことから、不具合が起こりやすい可能性が高い気象条件が続くことになります。

◎最後に

このように時期によって行いやすさというのも変わってきます。
既に目立った被害が出始めているようであれば早急な対応が必要ですが、屋根塗装を成功させるためにも行う時期は大切な要素になります。

まだ余裕がある状態であればどの時期に行うのかということも慎重に検討されることをお勧めいたします。

静岡県富士宮市の方へ、壁の耐久性を高めるためにおすすめしたい外壁塗装

2018.06.04

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

壁は家屋の丈夫さを維持し、力を受けたとしても被害が少なくなるように衝撃を分散させるという点で大切な役割を果たしています。
そんな壁の耐久性能をさらに高めてくれるのが外壁塗装です。

◎外壁塗装の効果

外壁は日々過酷な自然環境から我々の暮らしの場を守ってくれています。
晴れている日は太陽からの紫外線などを受け、雨の日は降雨を凌いで水の侵入を防いでいます。

そのため日々痛みを生じて劣化が進みます。
そんな外壁の耐久性を高める役割を果たしているのが塗料です。

塗料によって紫外線が外壁そのものに到達することを抑制し、塗料の防水機能によって雨水や湿気が外壁や住宅内部の構造部に入り込むことを防ぐことが可能になります。
ただ、塗料の方も経年劣化や外界からの影響で徐々に機能が低下していきます。

そこで行う補強工事が外壁塗装なのです。

◎最後に

外壁塗装の必要性は、塗料の耐久性の他どのくらい劣化が進行しているのかによって変わってきます。
長い間外壁のメンテナンスをされていないようでしたら、点検を受けて補強を検討されるのも良いかもしれません。

外壁塗装に関しましては他の記事でも触れておりますのでそちらも参考にしていただけますと幸いです。

静岡県富士宮市の業者のおすすめ、外壁に使うならこちらの塗料

2018.06.02

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

外壁塗装にどの塗料を使うのかが悩ましいという方もいらっしゃるのではないかと思います。
そこで今回は外壁塗装に使うのにおすすめしたい塗料を三つご紹介いたします。

○ウレタン塗料
塗料の中では比較的お手ごろな価格で手に入るのが魅力です。
柔らかく密着性に優れているという性質があります。熱膨張に弱くひび割れを起こしやすい屋根材に向いているでしょう。

○シリコン塗料
主力として活躍してきました。
耐久性の高さの割にお手頃価格というバランスが人気です。

○ラジカル塗料
数年前から発売された塗料界の新勢力です。
ラジカル塗料には高緻密向きシールド層というものがあり、酸素や水が原因で生じるラジカルを抑制する効果があります。

汚れにくく比較的長持ちするものという強みもあることから、今後さらに価格が下がると新たな主力になると考えられています。

◎最後に
今回は、外壁塗装に使うおすすめの塗料を三つご紹介いたしました。

外壁の不具合は塗られている物質である塗料が防水性を失っていることが原因であり、外壁そのものも見えないながらも劣化が進んでいます。
また、湿気や水分が侵入しやすくなりますので、早めに塗装などの補修を行うことをお勧めいたします。

静岡県富士市の外壁塗装業者がご紹介、長持ちする塗料は

2018.05.31

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

「外壁の塗装をするならなるべく長持ちする方が良い」
このような希望をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

外壁塗装は内部設備のリフォームと同様に決して安く行えるわけではありませんから、なるべく行う頻度を長くしたいですよね。
そのような方におすすめの塗料として、今回は長持ちすると言われているものを二つご紹介いたします。

■フッ素塗料

フッ素塗料は耐久性があり長持ちするという魅力があり、耐用年数も16~19年程あるとされています。
費用そのものは高めですので、工事を行うのが難しい場所を中心に使うと良いかもしれません。

■遮熱塗料

こちらの塗料は太陽からの熱を反射するという特徴があります。
ガルバリウム鋼板などの金属の屋根は太陽熱によってかなり熱くなるのですが、これを上に塗っておくことで熱を取り込みにくくなりますので、特に夏の暑さによる室温の上昇を抑制することができ、光熱費を抑えることが期待できます。
耐用年数はフッ素塗料と近く16~19年程であると言われています。

◎最後に

今回は、長持ちする塗料としてフッ素塗料と遮熱塗料についてご紹介いたしました。
価格自体はどうしても高くなってしまいますので、性能とのバランスで他の塗料と比べながら最善の選択をしましょう。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP