ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


ブログ

外壁塗装の乾燥時間と乾くまでの注意点とは|静岡県富士宮市のプロがご紹介

2018.08.11

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

みなさんは「塗装を行ったばかりなのに、もう、塗装が剥がれてきた!」という経験はありませんか?
せっかく、時間もお金もかけて塗装を行ったのにすぐに剥がれてしまっては、ショックですよね。

塗装がすぐに剥がれてしまわないためにも、剥がれの原因を知っておく必要があります。
塗装の剥がれの原因として、特に大きく関わってくるのが乾燥です。
そこでこの記事では、外壁塗装の乾燥時間と乾くまでの注意点について説明します。

【外壁塗装の乾燥時間】
外壁塗装が内部まで完全に乾燥するまでに、およそ2週間かかると言われています。
また次のような要素も乾燥時間に関わってきます。

・季節
当たり前ですが、夏は晴れの日が多いため、乾燥時間が早いです。春や秋は曇りの日が多いため通常の乾燥時間になるでしょう。
冬と梅雨の時期は雨が降りやすいため乾燥時間はどうしても比較的長くなってしまいます。

・塗料の種類
一般的に溶剤塗料の方が水性塗料よりも乾燥が早いです。
また、水性でかつ弾性塗料の場合乾燥時間はさらに長くなってしまいます。

【乾くまでの注意点】
・触らない
指で触れたときに塗料が指に付着しなかったとしても、内部まではしっかりと乾燥していない場合が多いのでむやみに触らないようにしましょう。

上記のことを参考にして、剥がれにくい塗装を目指しましょう。

防水工事の工程の流れとは|静岡県富士市のプロがご紹介

2018.08.09

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

みなさんは防水工事の工程の流れをご存知ですか?
何事も工程というのは非常に重要です。
なぜなら、工程が一つでも抜け落ちてしまうと理想とはかけ離れた状態になってしまう場合がほとんどだからです。

そこでこの記事では、防水工事の工程の流れについて説明したいと思います。

【防水工事の工程の流れ】

1高圧洗浄
高圧洗浄とは高圧発生装置で加圧された高圧水を噴射し、その衝撃を利用して、外壁に付着した汚れを落とす作業のことを言います。

2下地処理
長年の厳しい環境の中で劣化してしまった部分の補修を行っていきます。
代表的なものに、塗材と塗材の間の隙間を作らないようにするコーキングという作業があります。

3脱気筒取り付け・シート張り
仮の防水層を形成し、ひび割れを防止するために、シートを全面に張っていきます。
また、塗膜防水を屋上に施工する場合は、防水層が膨れないように湿気を逃がすための脱気筒を取り付けます。

4防水
防水層を形成します。ローラーを用いて丁寧に二層塗布していきます。

5トップコート
塗膜の保護のための仕上げ材を用いトップコート(仕上げ塗り)を行います。

以上、防水工事の工程の流れを説明しました。
どれか一つでも欠けてしまうと完璧な防水工事は実現しません。この流れを頭にいれて納得のいく防水工事を実現させましょう。

防水工事の種類別の耐用年数とは|静岡県富士市のプロがご紹介

2018.08.07

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

防水工事にはいくつかの種類があり、その種類によって特徴や耐用年数が異なります。
そこでこの記事では防水工事の種類と、特徴や耐用年数について説明します。

【防水工事の種類と耐用年数】

・ウレタン防水
ウレタン防水工事の場合、他の防水工事と比べて低予算で施工することができます。
しかし、塗膜の均一性や耐久性が低くなっています。耐用年数は10~12年となっています。

・シート防水
シート防水工事は雨天でも施工ができるため、工事の予定が狂うことなく工期も短縮できます。
しかし、シートのつなぎ目などの複雑な部分の施工の際に欠陥が生じる場合があるので注意が必要です。
短い工期で工事を行いたい方にとってはおすすめですね。耐用年数は13年前後となっています。

・FRP防水
FRPとは、ガラス繊維強化プラスチックのことで強度や耐久性に優れています。
ただし、プラスチックの欠点として、紫外線が長期間当たると劣化してひび割れが発生してしまうというデメリットがあります。
FRPの耐用年数は8~10年となっています。

・アスファルト防水
高熱で溶かすため、危険性があることや工事中の臭いがきついことなどのデメリットはありますが、施工のばらつきが少なく、耐用年数は15~20年と信頼性の高い防水工事です。

以上、防水工事の種類や耐用年数についてお伝えしました。ぜひ参考にしてください。

屋根塗装は雨の日でもできる?そのリスクを静岡県富士市のプロがご紹介

2018.08.05

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

「梅雨や台風のシーズンで雨が多いけれど、どうしても今すぐに塗装がしたい!」と焦っている方は要注意です。
雨の日に塗装を行うことにはさまざまなリスクを伴います。
そこでこの記事では、雨の日に塗装を行うリスクを説明します。

【雨の日の塗装のリスク】
雨の日の塗装のリスクは大きく2つあります。

1塗装が流される
当たり前のことですが、塗料が固まっていない段階で雨に触れてしまうと塗料が流されてしまいます。
焦って、雨の日に無理やり塗装を行っても、結局雨に流されてしまうなら意味がないですよね。

2湿度が高いため塗装が白化する
雨の日の湿度は一般的に85%前後と高くなります。
塗装を行う環境には条件があり、湿度が85%以上の時は塗装環境として望ましくないとされています。
なぜなら、湿度が高いと塗膜が白化する恐れがあるからです。

住宅塗装の場合、ほとんどが水性塗装となります。
水性塗装の場合、水が蒸発することで塗膜が形成されます。
しかしこの時に湿度が高いと、水が蒸発できずに、塗膜が白く白化してしまうのです。

雨が降っているにもかかわらず、焦って塗装を行ってしまうと結局、丁寧に塗装が行えず二度手間になってしまいます。
そのため、塗装を行う際は雨の日を避けるようにしましょう。

屋根塗装のさいの「縁切り」って何?その必要性とは|静岡県富士市のプロがご紹介

2018.08.03

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

あなたは外壁塗装の際に欠かせない、縁切りという作業を知っていますか?
この記事では、縁切りについての説明と縁切りの必要性について説明したいと思います。

【縁切りとは?】
縁切りは屋根塗装の際に必要な作業です。
屋根を塗装した後は、屋根と屋根の間にある溝が塗料でふさがってしまいます。
そこで、屋根と屋根の間に隙間を作る作業が縁切りです。

【縁切りの役割】
縁切りの役割は大きく分けて二つあります。

1雨漏りを防ぐ
強風や予想外の大雨が降った際は、どうしても屋根材の下まで雨水が入り込んでしまいます。
そのため、入ってしまった雨水をどのように排出するかが重要になります。
縁切りによって屋根と屋根の間に隙間を作り、雨水の逃げ道を作ってあげることで雨漏りを防ぐことができるのです。

2内部結露を防ぐ
結露は室内と室外の気温差により発生します。
室内では、暖かい空気は上昇し冷たい空気は下降するという傾向があります。
そのため、室内の暖かい空気は上昇し、屋根裏まで届きます。

一方室外には日中以外は基本的に冷たい空気が発生しています。
そのため、屋根の内側と外側で温度差ができて結露が発生してしまいます。
そこで縁切りの作業を行い、屋根に隙間を作ることで屋根裏に内部結露した水分が溜まることを防ぐことができます。

以上、縁切りについて説明しました。縁切りの作業は怠らないようにしましょう。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP