ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


ブログ

ウレタン防水ってどんなことをするの?

2015.10.18

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

建物においては雨漏りしないためにも防水が必要になりますよね。

防水のための施工方法の1つににウレタン防水というものがあります。

ウレタン防水は密着工法の一種で、地面と密着して施工する工法であり、ベランダなどに採用されることが多いです。

また、このウレタン防水は施工前には液体状のウレタン樹脂であるのが特徴です。

もちろんそのまま液体であるわけではなく、化学反応で固まるようになっています。

また施工前の材料が液体ということは様々なメリットを持っているのです。

複雑な形状をした場所でも簡単に施行が可能となります。

施行する場所が液体でないとダメという所もありますので、使い勝手が大変良いのです。

二つ目のメリットとして軽いということが挙げられます。

防水は屋上などにも必要になりますので軽いほうが建物の負担も少なくすみます。

反対にデメリットとしては、均一な厚さにできないということです。

また液体なので固める必要があるため、時間がかかってしまいます。

ウレタン防水に限った話ではありませんが防水工事には寿命があるため定期的な工事を心がけてくださいね。

透明塗料、UVプロテクトクリヤーの評判

2015.10.16

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

大切な家を、できるだけきれいな状態で長持ちさせたいのであれば、外壁塗装が重要です。

家は太陽の紫外線や雨、風などの過酷な自然環境にさらされ、排気ガスやほこりなども浴びている状態なので、外壁から傷みが進んでいきます。

外壁の傷みを放置していると、ひび割れが生じてきて、内部に水が染み込み、構造など内部の傷みが始まってしまいます。

外壁塗装はバリアのような役割を果たし家を守る働きがあるので、長持ちさせるためには、外壁塗装をしっかりと行うことがおすすめです。

UVプロテクトクリヤーは、好きな色の塗料や様々な材質の外壁を守る、トップコートのことを言います。

表面の傷や紫外線から、家を守るため、ひび割れが生じるのを防ぐ効果が期待できるのです。

家の傷みを進めやすい要素は、藻やカビ、紫外線と言われていますが、UVプロテクトクリヤーは、防藻・防カビ・耐紫外線効果があるところが魅力となっています。

親水性塗膜で撥水効果があるため、ひび割れに染み込み、家の内部に染み込むことも防ぐ効果があり、大変人気がある塗料となっていますので、おすすめできますよ。

夢のような塗料、サーファペイントとは

2015.10.14

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

サーファペイントとは、高い断熱・遮熱効果を持ちながらも、簡単に塗ることが出来て、汚れに強いといった特徴を持つ魔法瓶のようなペイント塗料です。

昨今の地球温暖化問題や原子力発電所の稼働停止などの影響による電力不足によって、「節電」というキーワードが広く世の中に浸透していますよね。

断熱・遮熱塗料で年間通して快適な室温を維持し、冷暖房の利用を抑えることが、節電方法の一つとして注目を浴びています。

しかし、従来の断熱・遮熱塗料は塗装の際に高い技術が求められる上に、汚れが付着することによって、断熱・遮熱の効果が落ちてしまうという欠点がありました。

それらの欠点をカバーできる塗料こそが、サーファペイントです。

サーファペイントは高い断熱・遮熱効果があるのはもちろんのこと、弾性に優れていて塗料の伸びも良いため、ローラーや刷毛、スプレーなどで簡単に塗っていただくことができます。

また、紫外線への耐久性がある上、水分透過性が0%なので塗料が水分を吸収することもありません。

ですので、紫外線や雨風による塗装の劣化やカビ、水垢汚れによる断熱・遮熱効果の低下を防ぎます。

このように優れた機能性を持っているサーファーペイントはまさに夢のような塗料といえますね。

FRP防水の特徴とメリット

2015.10.12

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

FRP防水とは良く聞きますが、一体どんなものなのでしょうか。

FRP自体はFiberglass Reinforced Plasticsの略で、ガラス繊維などの補強材を使って強化された繊維強化プラスチックです。

強度・耐水性・成型性などの多くの優れた特性を持ち、船舶、水槽、バスタブなど広く利用されている素材になります。

仕上げ面を含め5層もの防水層で形成していますので、ここからもかなりの防水性が期待できることが読み取れますね。

防水性だけでなく、全面継ぎ目のない強固な層で加工されますので、外観もきれいなものとなっています。

複雑な形状や壁・天井面であっても、ある一定の塗膜を確保することができるのです。

塗膜の硬化する速度もとても早く、何層も塗り重ねる仕様の場合でも一日で施行が終えられるというような特徴もありますので、利用もしやすいですよ。

他の防水方法だと8〜10年毎に作業のやり直しが必要ですが、FRP防水の場合はトップコートの塗り替えだけで済みますから、コストダウンも実現できます。

このような特徴を踏まえてFRP防水の利用をご検討くださいね。

フッ素塗料を用いるメリットとは

2015.10.10

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

家の外壁の塗料には、その耐久性に応じてさまざまな種類があります。

その中でもとりわけ耐久性に優れているのが、フッ素塗料です。

フッ素と聞けばフライパンが浮かぶ方は多いのではないでしょうか。

フッ素加工されたフライパンは、焦げ付かないのでとても使いやすいですよね。

なぜ焦げが付かないかというと、フッ素は非粘着性と言って、汚れなどが付着しにくい性質を持っているためです。

だからこそ、フッ素が配合されたフッ素塗料は外観を長期的に保つことができるのです。

汚れが付着しないため、耐久性に優れています。

この技術は、塗料としては悪条件の代表格でもある、航空機の外壁塗装にも使用されています。

フッ素塗料は付着した汚れがすぐに落ちるので、塗料を塗り替える頻度も低くなります。

その結果、塗料そのものの価格は高く感じますが、長い目で見ると安くなるのです。

生涯コストの面だけでなく、外観が長期的に保つことができるので、きれいな見た目も長持ちしますよ。

家の塗替えを検討される際は、耐久性に優れているフッ素塗料もぜひ検討項目に入れてみてください。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP