ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


ブログ

防水工事でよくあるトラブルとその対策とは?|静岡県富士市

2019.04.22

こんにちは。
富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。
富士宮市で防水工事を行う場合には、経験と知識の豊富な業者を選ぶことが非常に重要となります。
価格が安くても、様々なトラブルを未然に防ぐしっかりと対策を行う業者でないと後々問題を引き起こすことになるため注意をしなければなりません。
住宅の防水工事は雨漏りなどを防ぐために非常に重要な工事ですが、その方法を誤ると思わぬトラブルを発生させてしまうものです。
専門の業者に依頼したから大丈夫だと考えていると、その業者の知識が乏しいために思わぬトラブルを発生させてしまうことになる場合もあるため、基本的な知識を意識しておくと、これらの問題を防ぐことができます。
けして業者任せにせずに疑問を感じたら業者に対して意見をすることもときには必要となるのです。
ビルなどの屋上の防水対策でよくあるトラブルは、屋上に水が溜まってしまうことです。
屋上は雨ざらしになっているため雨水と一緒にゴミなども飛来しやすくなってしまうので排水溝の部分にそのゴミが詰まってしまい、排水経路を塞いでしまうことも少なくありません。
その都度掃除をするとまた水は流れるようになるのですが、同じようにゴミが詰まってしまう状態を繰り返すことになるのです。
これを防ぐためには、排水溝に斜めのごみよけを設置するのが一般的ですが、その意識がない業者は、単なる平型の蓋を利用することも多いので気をつけたいものです。

防水工事を行うのに良いとされている時期は?|静岡県富士宮市

2019.04.20

こんにちは。
富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。
防水工事とは雨が直接当たる部分に防水加工をすることです。
防水されていないと、雨が浸透し建物が腐敗し、家具にも大きな被害をもたらします。
家の防水は日々のチェックが大切で、特に古い家屋は劣化により防水効果が低くなっていたりしますので、注意が必要です。
もちろん新築だから大丈夫と過信してもいけません。
どのような家でも日々防水効果は薄れていますので、気を付けている必要があります。
劣化の症状は見た目で判断だきるものがいくつかあります。
壁の表面にヒビ割が見えてくると雨漏りの恐れがあるサインです。
排水口の付近に水溜りが出来やすい状況にしているのも問題です。
落ち葉などを取り除き排水が正しくされるようにしておく必要があります。
防水の表面が色落ちしている場合は、防水効果が弱まっているサインと言えます。

 

防水加工をしてもらうのに良い時期とされているのは春や秋が最適です。
冬は凍結したり、塗装が乾きにくく、夏は塗装が伸びてしまうからです。
富士市にある有限会社ケイテックスは見積もりを事前にしてくれるので安心して作業を頼むことができます。
外壁塗装や屋根塗装、塗料に関んすることも相談できるので、合わせてお願いすることも出来ます。
現地調査をしっかりとしてくれるので、近隣環境に合わせた違和感のないものに仕上げてくれて助かります。

防水工事はどのくらいの期間かかるものなの?|静岡県富士市

2019.04.18

こんにちは。
富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。
ビルやマンションなどの建造物の外周りの部分には、時間が経過することで亀裂やヒビなど目に見えるものから目に見えない細かなものまで劣化が進行します。
外周りに出来た亀裂やヒビに雨水が侵入すると、建物の躰体部分の鉄骨や鉄筋にまでいたり、サビや腐食の原因となるため最終的に建物の寿命を縮めてしまうのです。
ただ防水工事の経験がない方はどれくらいの期間で工事をしたほうが良いのか判断出来ない方も少なくありません。
一般的に防水工事の頻度は10年に一度のペースで行うことが望ましいと考えられています。
建物の環境次第によっては5年程度で防水効果が失われてしまう物件もあるのです。
静岡県富士宮市にある「有限会社系テックス」では、一級の塗装技能士、建築士の資格を取得したスタッフが塗装工事をはじめ、防水工事を確実に行うことが可能です。
有限会社軽テックスではベランダやバルコニー、屋根や外壁など住宅外装やビルやマンションといった外周りに対して、定期的なチェックを行い防水工事の事例とプランを元に、利用者に合わせた補修計画を提示することが可能です。
防水工事にはポリマーセメント系塗膜防水やウレタン密着塗膜防水、FRP防水や防水層保護塗装といった使用する材料に合わせて得られる防水効果を詳しく説明した上で施工をしていくことが出来るため、初めて依頼するという方も安心して相談することが出来ます。

外壁塗装の耐久性を高めるための工夫とは?|静岡県富士宮市

2019.04.16

こんにちは。
富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

 
外壁は一番外側で風雨にさらされているのでダメージも大きいです。
その外壁塗装の働きによって防水できたり、家を守ることができるので耐久性は重要です。

 
耐久性をアップさせるにはまずは使う塗装の種類をしっかりと判断することです。
立地条件や気象条件は富士市の中であっても一軒一軒異なりますが、それに合った質の塗装を選ぶことでダメージを軽減できます。

 
どの塗装がマッチしているかは知識や豊富な経験から導き出せるので、実績のある信頼できる業者を選ぶこともポイントです。
他にも塗り方でも耐久性を高められます。

 
厚く塗ればいいというものではなく、外壁塗装の特性を理解してしっかりとムラなく塗ること、隙間が内容に細かい部分も丹念に作業することで剥がれやめくれをなくします。
それが結果的に長く塗装を保たせるコツになります。

 
塗り方が雑だったり、厚さが不適合だとめくれてきて、その隙間から雨がどんどんしみ込んでしまいます。
外壁塗装はもちろんはがれてきてしまいますが、家の内部にまで影響が出てきてしまうので深刻です。
どのくらいの厚さが必要適切に判断できることも重要です。
耐久性には使う塗装の質とともに、職人の技も大きなウェイトを占めますので、両面から業者を選ぶことが欠かせません。

 
富士市にはどちらにも力を入れてこだわっている業者がいますので、長くきれいで仕事をする外壁塗装を依頼できます。

屋根塗装で知っておきたい失敗しやすいことは?|静岡県富士市

2019.04.14

こんにちは。
富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

 

屋根塗装を行った後、雨漏りや湿気などが酷いことがあります。
このような場合は工事が失敗しているケースがあるので注意が必要です。
よくあるのはスレート屋根に塗装した際に縁切りしていなかったことがあります。
スレート屋根は丈夫なのでほとんどの住宅の屋根で利用されている代表的な材料です。

 

気をつけなくてはいけないことは、再塗装すると隙間が塞がることがあげられます。
通常だと屋根材に隙間があり、もし雨水が浸入した場合外に流れ出るような仕組みです。
しかし屋根の上から塗装するので塗料が隙間を塞いでしまい、雨水などが逃げる場所がなくなってしまいます。

 

隙間を空ける作業が必要になるのですが、これを縁切りと呼ばれています。
この縁切りをするかしないで施工する品質が異なってくるでしょう。
手抜きをするような業者や手間や時間をおしむ業者はこの縁切りを行わないで作業を完了するかもしれません。
業者を比較検討するにおいて見積りの段階から、縁切りなどに項目が見積書に記載されているか確認してみると良いでしょう。
縁切りの方法として、塗装が完了した後カッターで隙間を空けたり、専用部材であるタスペーサーなどを利用することがあります。
現在手間のかからないタスペーサーを利用している業者が多いです。
富士宮市にはきちんと最後まで作業を行う業者が多く、気軽に作業内容などに関して相談することができます。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP