ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


外壁塗装の劣化原因

2016.12.21

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

建物は、築年数が進むと外壁塗装が劣化を起こしてしまいます。
劣化原因に関しては、数多くの原因があり、建物自体に起因する内容も含まれています。

例えば外壁に用いている素材が金属の場合では、比較的長持ちをさせることができますが、木材や漆喰など塗り壁、モルタルの場合では劣化が早い傾向にあります。

塗装下地が乾燥することも挙げられます。
下地が乾燥してしまった場合では、塗膜の剥離などが多く見られる場合もあるので、住宅の建っている場所によっては大きく影響を受けてしまう場合もあります。

一般的には紫外線や雨風にさらされることによって、経年劣化を起こしてしまうことが多く、色が変色してしまったり、雨によって塗られている塗料が剥がれ落ちてしまうケースも目立ちます。

国内では四季というものがあり台風が通過するような地域も多数あります。
このような気象条件によって外壁塗装が劣化してしまうことが多いので、メンテナンスを欠かさずに行うことが求められます。

劣化したまま放置してしまうと住宅の寿命を短くしてしまうので、注意が必要です。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP