ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


チョーキングって?

2016.11.17

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

 

チョーキングとは、外壁などに触れた際に白い粉がつく現象です。

チョーキングの原因は、外壁の劣化で、その理由としては、外壁が太陽光や風雨、砂塵と言ったあらゆるダメージに常にさらされ続けているからです。

更に温度の変化にもさらされているので、経年と共にそのダメージは蓄積され、それにより劣化が発生します。

そして、そのダメージや劣化が勝手に修復すると言うようなことはありませんから、その結果としてチョーキングが発生します。

外壁は建物を守る重要な役割を果たしているので、チョーキングをそのまま放置していると、そこから外壁にヒビが発生したり、雨水が建物内部に入り込んでくる恐れがありますし、外壁自体やその内部にもカビが生えてくることもあります。
そうなると、建物の強度や安全性が著しく低下することにもなりかねません。

ですから、チョーキングは外壁塗装修繕の目安であるということを理解したうえで、それが見られた場合には速やかに対策をとる必要があります。

早期に対策をとることで、建物内部へのダメージを防ぐことができますし、また外壁修繕にかかる手間や費用を抑えることも可能です。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP