ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


色の面積効果とは?

2016.08.23

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

外壁は家の雰囲気を決める大事な要素なので、常に美観を保つことが必要です。

美観を保つ方法として、外壁塗装工事があげられます。

外壁塗装工事は、こびりついた汚れを洗い流して、ひび割れた部分を補修して下地を整えてから、塗料を塗りなおす工事です。

外壁の色によって家の雰囲気が変わるため、色選びは慎重に行う必要があります。

しかし、塗ってみると思っていた色合いと違った、という声が聞かれる事もあります。

その原因は、色の面積効果によるものです。

面積効果とは、小さい面積で見たときと、大きい面積で見たときの色が異なって見えることです。

色選びを行うとき、小さな色見本を見て色選びをしてしまいますが、その色が外壁という広い部分に使われたとき、想像していたよりも色が薄かったり、明るく見えたりしてしまう現象です。

そしてもう一つは、光による色の見え方です。

天気の良い日と曇りの日、雨の日など、天気に寄って降り注ぐ光の量が異なるので、外壁の色が違って見えることがあります。

こういったことも頭に入れながら、ご家族とよく相談して選びましょう。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP