ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


外壁のカバー工法のメリットとは

2016.07.24

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

一戸建てのマイホームには、さまざまなメンテナンスが必要ですが、太陽光線や雨風が直接当たる屋根や外壁は、住宅の劣化を早めないためにも、定期的なメンテナンスをすることが必要です。

外壁のメンテナンス工事には、塗装、重ね張り、張り替えの3つの方法がありますが、その中でカバー工法とは今ある外壁を壊すことなく、新しいサイディングやタイルを上に重ねてはるリフォーム工法のことで、重ね張りのことを指します。

外壁メンテナンスに重ね張りであるカバー工法を使うと、古い外壁をそのままにして工事をするために、解体や廃材処分の手間もないし、費用の削減もできるので非常のお得感があります。

また、外壁を重ね張りにすることによって、その分厚みが出ますから、断熱性や遮音性などの機能を付加できるというメリットもあるのです。

さらには、解体することがないため、近所に必要以上の騒音を撒き散らすこともないので、住んでいる人にも好評です。

なお、カバー工法は工期も短くてよく、手軽に外観のイメージをかえることができることも利点の一つでしょう。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP