ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


なぜ屋根は暗い色が多いの?

2016.06.28

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

屋根塗装をする時はやはり色で悩みますよね。
周囲の家を見渡してみると、暗い色の屋根が多く見つかりませんか。

今回は、暗い色の屋根が多い理由と暗い色にするメリットをご紹介いたします。

なぜ日本では暗い色が好まれるのかというと、瓦に使用されていた素材が灰色やいぶし銀であったことが理由だと言われています。
確かに、灰色やいぶし銀の瓦は今でも前にする光景ですよね。
暗い色にすることのメリットですが、黒や灰色にすることで汚れが目立ちにくということが挙げられます。

ただでさえ屋根は直射日光を受けやすいですので、赤や青など鮮やかな色は色褪せが早くなる可能性があります。
合理的に考えた結果、暗い色を選ばれる方が多いのかもしれません。
屋根は面積が大きいですので、屋根の色が与える印象は非常に大きいでしょう。

そこで屋根を暗い色にしてしまうと家全体の雰囲気が暗くなってしまうのではないか、と考えていませんか。
黒や灰色はシックで落ち着いた印象にしてくれますし、外壁などの組み合わせ次第で素敵なお家になると思いますので、ぜひあなただけの素敵な色を選んでください。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP