ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


カバー工法とは?

2016.05.11

外壁や屋根に関しては、経年劣化を起こしてしまった場合、塗り替えリフォームをする必要が出てきます。
家を長持ちさせたい場合、避けることのできない作業になり、住宅を守る上では欠かせない内容です。

一般的には外壁や屋根に対して塗り替えを行う方法ですが、中にはカバー工法と呼ばれる技術も存在していて、状態次第ですが、便利でお得な方法として使うことができます。

カバー工法とは従来の外壁や屋根に対して、新しい資材を被せるように施工する方法になるので、解体の手間が無く廃材が少ないメリットを挙げることができます。

例えばモルタル製の外壁の場合では、カバー工法でサイディングを重ね張りする方法もあり、元々のモルタルを解体する必要がありません。

その結果として工事日数も短縮できることになり、コストを安く抑えることにも貢献できます。

また、重ね張りの方法であれば、断熱性や遮音性などの機能を付加することにも向いていて、外壁が倍になるとその効果が顕著に出ることになります。

さらに、外観のイメージを大きく変えることができる方法として活用できる工法です。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP