ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


塗った表面の固さ

2016.04.13

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

建物の外壁の素材・塗料にも、選べる種類があります。

一戸建てにはシリコン塗料やフッ素塗料が一般的に使用されていますが、マンションの外壁材に使用されている素材はご存知でしょうか?

コンクリートやALCパネルを使用されていることが多く、セルフクリーニング機能がある光触媒塗料は高級なビルやマンションに使われる傾向にあります。

ACLパネルは、3階建て以上の建物やマンションに使用されていましたが、近年では2階建ての戸建て住宅にも使用されるようになりました。

表面が固い方が丈夫で、塗料が固いものは価格が高いとされています。

外壁塗装は約10年で塗り替えを行うことで、美しく丈夫な状態を保つことが出来ます。

使用していないマンションやビルは放置されていると、建物自体の状態が悪くなってしまいます。

チョーキング現象が見られた時点で塗り替えを行うことが理想で、塗膜納期や剥がれが出てからでは遅いです。

シーリング材で充填を行うため、劣化すると内部への雨水の侵入が懸念されます。

しかし、ALC外壁の場合、建築用仕上げ材で塗装をされていることが多く、10年以上経過しても腐食せずに良い状態の場合もあるので、検討してみましょう。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP