ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


吹き付け工法って何?

2016.02.25

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

吹き付け工法というのは、専用の器具を使い塗料を霧状にして吹き付ける工法のことを言います。

一般に行われるような、塗料を刷毛で塗るという工法ではなく、塗料を霧状にして吹き付けることによってさまざまなメリットのある工法となっています。

吹き付け工法のメリットとして、施行が早く済み仕上げ面がきれいになることが特徴です。

乾燥までの時間が短くて済むため、工期の短縮にもなります。

また、吹付け工法を行うことによって、豊富な模様を作り出すことが可能です。

吹き付ける方法によって、さまざまな模様をつけることができるため、おしゃれな塗装も可能になります。

さらに、広い範囲に薄く加工を行うことができるため、塗装を分厚くぬらないですむことも特徴です。

塗料を吹き付ける方法ですので、複雑な形のものにも簡単に対応することができるため安心です。

ただし、吹き付け工法では、塗料の飛散がデメリットとして挙げられると言えます。

塗料が飛散しないようにしっかりと対策を行って、塗装する必要のない場所に塗料が飛散しないように注意することが必要です。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP