ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


下地処理で全てが決まる?

2016.02.19

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

塗装を行うときには、塗装のための下地処理をしっかりと行っておくことが必要です。

この過程をしっかりと行っておかないと、塗装にムラができてしまったりとトラブルが生じやすくなります。

そのため、塗装をしっかりと行うためには、下地処理を行うことが何よりも重要です。

また、下地処理が丁寧に行われないと塗膜の寿命に影響することになります。

少しでも塗膜の寿命をのばしたいのであれば、しっかりと下地処理をしておくことが大切です。

さらに、下地処理をしっかりと行っていないと、塗装した部分にすぐに膨らみやひび割れがでてきてしまうことになります。

下地処理は、塗装する部分の塗面を滑らかにすることが目的です。
これをしっかりと行うことで、膨らみやひび割れが生じにくくなります。
下地処理を行っておかないと、塗料がしっかり密着しないのではがれの原因にもなります。
塗面がなめらかでないため、塗料が十分に馴染まないのです。

下地処理は、仕上がりの美しさだけでなく建物の寿命に関わることですから、美しい仕上がりや、寿命をのばすためにもしっかりと下地処理を行うことが重要です。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP