ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


縁切りをご存知ですか?

2016.02.15

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

住宅用の屋根材として用いられている資材には、スレートと呼ばれているものがあります。

比較的軽量で耐久性が高く、見た目が非常に優れていること、施工のしやすさなどでも人気を得ている屋根材です。

スレート屋根の場合では、新品の状態ならば問題は起きないことになりますが、一定期間が経つと塗料の塗り替えを行うことも一般的でしょう。

このように再塗装をスレートに施す場面では、縁切りを行うことが大切な作業としても知られています。

縁切りとは塗料で塞がった隙間を1枚1枚開けていく作業になり、再塗装を行う場面では、隙間部分に塗料が入り込むことが多いので、必要とされている作業です。

この隙間がないと雨水を逃がす場所がなくなることになり、雨水が屋根の上で溜まってしまうことがあります。

そうなると屋根が腐食してしまうことになるので、縁切りは非常に大切で欠かすことのできない作業として用いられています。

主な方法については専用のカッターなどで縁切りする方法なども広く行われている内容ですが、タスペーサーという部材が使用されることもあり、この方法では塗装前に設置する作業が必要になります。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP