ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


外壁に白い粉がついていませんか?

2015.12.19

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

家の外壁に触れると、手に白い粉が付いてきた経験をしたことはありませんか?

特に気に留めない人が多いと思いますが、家の壁を触って白い粉が付いてきたときは、外壁が劣化しているサインなので、塗り替えを検討する時期になっているのです。

家族の暮らしを守る家は、日々、雨や風、太陽の紫外線などにさらされています。
特に外壁は、家の外側をバリアのように包み込んで守る役割がありますが、厳しい自然にさらされているため、劣化しやすい部分なのです。

家の外壁に触れて、手に白い粉が付いてくることを、チョーキング現象と言います。

チョーキング現象が起こるということは、塗装が劣化して、チョークの粉のように細かな粒子になって、少しずつ剥がれ落ちている状態になっているのです。

チョーキングが起きている時には、ヒビ割れしたり、剥がれたりしている可能性もあるので、専門業者の点検を受けて、劣化の具合を見てもらい、塗装が必要かどうか相談することをおすすめします。

外壁が傷むと、家の内部にまでどんどん傷みが進み、家の寿命が縮んでしまう可能性があるので、注意して下さいね。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP