ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


1級建築塗装技能士とは

2015.12.11

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

住宅の外壁塗装をする業者で優良な経営をするために、営業能力等も確かに大事かもしれませんが、なにより塗る能力が高いことが必須条件になります。

実際に外壁工事を依頼する側に立ってみると、全く何の資格もない職人ばかりがいる業者よりも、何らかの資格を持っている職人が存在する業者のほうが、信頼できると考える方も多いのではないでしょうか。

なので、業者としては資格をとったほうがより収入もアップしますし、会社としても顧客が増える可能性が高くなるのです。

塗装に関する資格に塗装技能士があります。

この資格は塗装の技術を認定する国家資格です。
この資格には1級と2級があり、それぞれ業者の中でも上級技能者と中級技能者が普通に備えているはずの技能とされてます。

資格を取得するためには、技能検定の実技試験だけでなく、知識を必要とする学科試験の両方に合格しなければなりません。

ただ、1級を受けるためには実務経験が7年以上が必要であり、2級の場合には実務経験が2年以上が必要となります。

特別難関な試験ではないにしても、様々な実技ができないと合格できないことから普段から幅広く塗装の学習をする必要があります。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP