ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


放置しないで!目地シーリングの痛み

2015.10.30

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

外壁塗装工事において、塗り替えすることに注目しがちですが、実はシーリングのメンテナンスも重要な作業の1つです。
シーリングは、水を通す隙間を防ぐ大事な役目を持っています。
隙間から家の中に湿気や雨水が入り込んでしまうと、建築資材を傷めてしまい家の価値を低くしたり、寿命を短くしてしまいます。
家に湿気は大敵ですから、シーリングの補修は必須です。
シーリングは、いろんな種類のものがありますが、よく使われるのが白い絵の具状のものを目地に注入し、時間がたつと固まってゴム状になり密着性を高めることができます。
しかし年月がたつと、質そのものが劣化して、ひび割れを起こしたりシーリング材のはく離を起こしてしまいます。
シーリングは紫外線と熱で劣化してしまうので、外壁塗装を行うときは同時に修理を行うといいでしょう。
外壁だけ綺麗になっても、シーリングのメンテナンスが不十分であれば、塗装工事の価値が極端に下がることになります。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP