ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


ウレタン防水ってどんなことをするの?

2015.10.18

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

建物においては雨漏りしないためにも防水が必要になりますよね。

防水のための施工方法の1つににウレタン防水というものがあります。

ウレタン防水は密着工法の一種で、地面と密着して施工する工法であり、ベランダなどに採用されることが多いです。

また、このウレタン防水は施工前には液体状のウレタン樹脂であるのが特徴です。

もちろんそのまま液体であるわけではなく、化学反応で固まるようになっています。

また施工前の材料が液体ということは様々なメリットを持っているのです。

複雑な形状をした場所でも簡単に施行が可能となります。

施行する場所が液体でないとダメという所もありますので、使い勝手が大変良いのです。

二つ目のメリットとして軽いということが挙げられます。

防水は屋上などにも必要になりますので軽いほうが建物の負担も少なくすみます。

反対にデメリットとしては、均一な厚さにできないということです。

また液体なので固める必要があるため、時間がかかってしまいます。

ウレタン防水に限った話ではありませんが防水工事には寿命があるため定期的な工事を心がけてくださいね。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP