ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


外壁塗装、膨れは危険なサインです

2015.10.02

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。
ご自宅の外壁に膨れは見られませんか?

外壁塗装が膨れているというのは人間の肌でいうなら水ぶくれの状態のようなもので、程度がかなり悪化していることを示しています。

プクプクと膨みが出来てしまっている場合は、簡単に塗装が剥がれ落ちてしまう状態になっているということですから、外壁塗装が果たす役割はなくなってしまい効果を発揮することができません。

外壁塗装の効果がなくなると何が起こるのかというと、それまで外壁塗装が受けていた外部からの様々な刺激を今度は建物自体が受けることになり、結果的に建物の劣化につながってしまうことになるのです。

外壁塗装の劣化というのは塗り直しをすることで比較的簡単に元通りにすることができますが、建物自体が劣化してしまった場合それを元の状態に戻すというのはかなり大変なもので、費用も手間も発生してしまうことになります。

外壁塗装にかかる費用は、決して安いものではありません。
けれども建物自体を修繕することになった場合と比較すればはるかに安価ですから、外壁塗装の劣化が見受けられたら早めに対処をするようにしましょう。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP