ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


知っておきたい下地処理の重要性

2015.09.24

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

下地処理は、外壁塗装工事の中でも重要な作業の1つです。

下地処理は、高圧洗浄を行って、長い時間をかけてこびりついた汚れを洗い流します。

汚れを洗い流すことで、欠損した部分を確認しやすくなります。

そしてひび割れや剥落した箇所を1つずつ丁寧に手作業で修理を行います。

外壁の下地部分を綺麗にしてなじませたら、塗料を塗る前に、外壁と塗料をより密着させるためのシーラーを塗ります。

シーラーは下塗りとも呼ばれ、これを丁寧に塗ることで、綺麗に外壁塗装を仕上げることができます。

ただ下地処理は上から塗料を塗ってしまうと、状態が確認できませんから、業者によっては、まともな下地処理を行わずに手抜き工事をすることもあります。

きちんと正しい下地処理を行わないと、数年ですぐにひび割れなどが起こってしまい、結局は何度も塗り直すことになり、余計に費用も時間もかかってしまうことがありますから、下地処理まできちんと行ってくれる業者を選ぶ必要があります。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP