ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


水性塗料・油性塗料の違い

2015.09.22

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

外壁塗装工事に使われる塗料には、アクリル系塗料やウレタン、シリコン、フッ素系塗料など様々な種類の塗料がありますが、それらの塗料にはそれぞれ水性塗料と油性塗料があります。

水性塗料のメリットは、値段が安く臭いがほとんどしないことがあげられます。

臭いがしないので、塗装工事の際にも周辺に臭いで迷惑をかけることなく、臭いによる頭痛なども起きません。

デメリットは耐摩耗性が弱く、耐候性も油性塗料と比較すると低くなってしまいます。

一方の油性塗料のメリットは、耐久性に優れており雨水にも強いことがあげられます。

撥水性が高いので汚れがつきにくいですし、塗料密着が良いので長持ちします。

デメリットは値段が高く臭気がきついことです。

人によっては油性塗料の臭気で気分が悪くなることもありますから、取り扱いには慎重さが必要になります。

どちらの塗料にも長所はありますから、施工業者と相談して、予算や家の状態に合ったものを選ぶといいでしょう。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP