ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


外壁の劣化現象にはどんなものがあるの?

2015.09.12

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

外壁が劣化すると、修理をしなければ劣化はさらにひどくなってしまいます。

家の美観を保ち、家の寿命を延ばすためにも外壁塗装は必要です。

外壁の劣化現象を表すものはいくつかあり、その1つがクラックです。

クラックとはひび割れのことで、放置するとコンクリートの中性化を促進し、さらにひび割れを広げて深部にまで広がることがあります。

クラックの原因は、建物の動きや、セメントの乾燥時、季節による温度、乾湿の差で体積収縮が生じ、ひび割れが起きることがあります。

ひび割れ部分に雨水や湿気が入り込まないように、早めの対処が必要です。

そしてもう1つがチョーキングです。

塗膜の初期劣化状態である、チョーキングは素地の保護機能が失われ始めたことを示しており、手で外壁に触ると粉っぽいものが付着します。

チョーキングを放置しておくと、さらに塗膜の劣化が進み、外壁の下地が浮いた状態となっている場合、放置すると剥落などの症状が起こる可能性があります。

そうなると見た目も良くないですし、外壁を守る役目も果たせなくなります。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP