ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


外壁に防水性が必要な理由|静岡県富士宮市での外壁塗装

2019.03.08

富士宮市で外壁に防水性が必要な理由は、寒さから守ったり、外の音を遮ったり、雨風をしのぐために必要だからです。

しかし理由はそれだけでなく、防水を行うことによって家が傷むのを防いでくれる効果があります。

 

家が傷んでしまう一番の原因は雨漏りです。雨漏りというと屋根から起こるものだという認識が高いですが、実は雨漏りは屋根から起こるだけでなく外壁からも発生することがあります。
外壁から雨漏りが発生すると、外壁から侵入した雨が構造体である木材や鉄骨を腐らせたり錆びさせたりするのです。

 

木材や鉄骨がそのような状態になってしまうと、構造体が弱くなってしまい地震にも弱くなってしまうので注意する必要があります。
このように家の壁は遮音や断熱の効果があるだけでなく、家の構造体を保護する役目もあるのです。

しかし壁だけでは雨漏りを防ぐのが不十分なので、防水をする必要があります。

壁は素材によっては表面に亀裂が入ったりすると隙間から雨水が侵入してしまいます。

構造体に雨水が侵入してしまうと木材や鉄骨が傷んでしまい、柱が腐ったりしてとても危険な住まいになってしまう恐れがあります。

そうならないために防水を行う必要があるのです。

外壁の防水シートは、雨水の侵入を防いでくれるうえに、湿気を通す性質なので、快適に暮らすことができます。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP