ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


静岡県富士市の方ご注目、外壁塗装の耐久性の高め方を解説

2018.11.17

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

外壁塗装をしてから再び塗装をするまでの期間が長ければ長い程良いですよね。
次の塗装をするまで塗料が長持ちすれば、それだけ費用もかかりません。
もちろん,良い塗料を使ったり3度塗りをしたりすれば長持ちはしますが、それ以外にも工夫をすれば塗料は長持ちさせることができます。
今回は、外壁塗装の耐久性の高め方についてご紹介します。

□2液性の油性塗料を使う
塗料は水性と油性に2種類に分類されます。
水性は水を溶かして塗り、油性はシンナーを溶かして塗ります。
また、1液性と2液性にも分類され、硬化剤が既に混ぜられているものが1液性で、硬化剤と塗料本体が別々になっていて使う直前に混ぜるものが2液性と呼ばれます。
この中で一番耐久性に優れるのは、2液性で油性の塗料です。
この塗料を使うことで外壁の強度を高めることができます。

□事前準備を丁寧に行う
塗料を塗る前には必ず塗料を塗る部分の汚れを落としたり、ヒビなどを修復してから施工し始めます。
そうしなければ、施工した後すぐにひび割れや剥がれが生じてしまう可能性が高いのです。
そのため、この洗浄や補修の作業を丁寧に行うことで、塗料のつきが良くなり長持ちするのです。

□まとめ
以上、外壁塗装の耐久性の高め方についてご紹介しました。
様々な工夫をすることで、塗料の寿命は伸ばすことができます。
富士市にお住いの方々、可能な限り長持ちさせて費用をしっかりおさえましょう!

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP