ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


富士宮市の業者が解説、外壁の防水機能は何年程で低下する?

2018.09.08

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

「いままで外壁の防水機能についてあんまり考えたことがない…」
そんな方も多いのではないでしょうか。
紫外線や雨、砂埃など外部の環境を直接受ける外壁は劣化しやすい箇所の一つです。
「劣化が進みすぎて雨漏りが…」なんてことは避けたいですよね。
今回は富士宮市にある業者が外壁の防水機能について解説します。

□何年くらいで機能は低下するの?
周りの環境などにもよりますが10年くらいで低下します。
よってこの時期にはきちんと外壁について考えることを推奨します。

□そのまま放っておくと…?
壁が湿気を含むようになります。
すると湿気を含んだ壁が乾いたりすることを繰り返すうちにゆがみが発生し、亀裂ができる可能性が高くなります。
この亀裂からさらに水が浸入しやすくなり、次は家の内部である土台部分も含めて劣化させていきます。

□対策を行うメリットとは
建物の老朽化を防ぐため、長く住むことができます。
また外観も美しく保つことができます。

□どんな対策方法があるの?
*防水塗料
最も一般的な対策方法です。
耐久性に優れているのでおすすめです。

*防水材
無色透明で外観を変えることなく水の侵入を防ぐことができます。

*防水シート
外壁の表面部分だけでは防水が厳しいときに水の侵入を防ぐ役割があります。

いかがでしたでしょうか。
家の劣化に不安になることがないように対策ははやめに行うことをおすすめします。
少しでも気になる部分があれば業者に相談してみるとよいでしょう。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP