ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


防水工事、アスファルト防水ってどんな工法?|静岡県富士宮市のプロがご紹介

2018.08.21

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。

みなさんはアスファルト防水をご存知ですか?
この記事ではアスファルト防水について説明していきたいと思います。

【アスファルト防水とは】
アスファルト防水とはアスファルトを数枚重ねることで防水層を作る工法です。
防水層が厚くて連続しているため、施工のばらつきが少なく信頼性の高い工法となっています。

【アスファルト防水のメリット】
アスファルト防水のメリットを、2つ挙げたいと思います。

1耐用年数の長さ
アスファルト防水の耐用年数の長さはおよそ20年となっており、比較的長持ちします。

2高い防水性
アスファルト防水の場合、それ自体が防水性を持つ溶融アスファルトによってアスファルトを何層も重ねていくため、非常に高い防水性を有することができます。
また、施工後すぐに防水性を発揮することができます。

【アスファルト防水のデメリット】
アスファルト防水のデメリットも2つ挙げたいと思います。

1施工費が高い
アスファルト防水の相場は100平米あたりでおよそ80万円からとなっており、他の防水工事と比べても比較的高くなっています。

2危険性を伴う
アスファルト防水では融解釜を用いるため、火災ややけどの危険性があります。

以上、アスファルト防水について説明しました。ぜひ防水工事の参考にしてください。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP