ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


防水工事でよくある3つのトラブルと対策!静岡県富士宮市の外壁塗装業者がご紹介します!

2018.05.23

こんにちは。富士市、外壁塗装工事専門店のケイテックスです。
防水工事で最も怖いのはトラブルです。防水工事でよくある3つのトラブルとその対策についてご紹介いたします。

■防水工事でよくある3つのトラブルとその対策

⒈ ドレンの排水処理がうまくいかずに水たまり

「雨が降るたびに、屋上が水浸しになってしまう。」なんて場合です。

これはドレン内部のストレーナーという部品に原因があることが多いです。

ストレーナーとは管内にゴミが入らないようにする部品です。

ストレーナーのタイプを平形から、箱状に突き出したものへ変える、といった工夫が効果的です。

⒉ 塗装の匂いにクレーム

防水工事に使うシンナーは、かなり強烈な匂いを持っています。

塗料のままだと、粘度が高すぎて塗ることができないため、シンナーを混ぜる必要があるのです。

そして、シンナーの匂いがキツすぎるといったクレームが近隣住民から寄せられる場合があります。

子供はそうした匂いにも敏感です。
塗装の匂いは乾くまでは消えません。

そのため、対策としては早く乾かすしかないです。

工事の前にしっかりと説明をしておくのも効果的かもしれません。

⒊ シートが剥がれる

下地処理の甘さが原因です。事前に、業者と密に連絡をとり、下地処理をしてもらえるか確認するのがおすすめです。

■まとめ

防水工事のトラブルと対策についてご紹介しました。参考にしてみてはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP