ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


紫外線劣化とは

2015.08.31

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

紫外線劣化とはそのまま紫外線によって塗装が劣化させられることであり、塗装が劣化すると、チョーキングの原因となります。

塗装を手で触ってみて白い粉が手についたことを経験したことがある人は多いことでしょうが、これこそがチョーキングと呼ばれる現象であり、紫外線劣化のサインとなるのです。

この状態になってしまうとそれまで外壁塗装によって守られていた建物が、今度は直接紫外線の影響を受けることになってしまうため、建物の劣化が早まってしまうことになります。

そのため、紫外線からの劣化を減らすため、塗装の塗り直しが必要となるのですが、塗装がはがれてからではなく、定期的に塗り直すことが重要となります。

塗装が剥がれてしまってからでは、その間建物自体が紫外線の影響を受けることとなってしまいますから、すぐには影響が出なくても少しずつ劣化が進行して行き長い時間がたってからその影響がでてくることもあるので、早めの対処が重要となるのです。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP