ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


屋根の塗り替え時期を判断する方法って?

2015.08.29

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

屋根は、紫外線や雨に直接さらされていますから、家の中でも劣化しやすい部分の1つです。

定期的に修理を行い塗り替えるなどのメンテナンスが必要になりますが、一般的に屋根の塗り替え時期はスレートは10年、トタンは5〜8年ごとに行うといいでしょう。

直射日光・風通り・湿度などの気象環境にもよりますが、屋根は下から目視で状態を確認することは難しいので、定期的に業者に確認してもらうようにしましょう。

また、勾配・谷樋・ドーマなど屋根の形状や高圧洗浄やケレン不足など屋根の施工状態によっても塗り替え時期は影響してきます。

屋根は劣化が進むと塗膜が剥げて、ひび割れが起こりやすくなったり、苔や藻などの汚れが付着しやすくなります。

そうなるとひび割れの間から雨漏りが起こる可能性もありますし、苔や藻などの汚れが溜まることで、本来の水の流れる通り道を防いで別の場所から水が流れおちることがあります。

水の通り道でない場所に水が流れると、そこは劣化を起こして家の寿命を縮めてしまいます。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP