ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


外壁塗装の工程って?〜塗装編〜

2017.08.06

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

外壁塗装はまず足場を組み立てるところから始まります。組み立てた後は家全体をネットで覆い、周りの家に汚れた水や、ペンキが飛ばないようにします。ベランダの屋根ははずし、車も移動させます。そのあと、高圧洗浄をして汚れを落とします。

下地処理が終わったら塗装の開始です。塗装には、下塗り、中塗り、上塗りがあります。下塗りは、中塗り、上塗りを定着させる大事な作業になります。

下塗りは接着剤のような役割を果たします。しかし、依頼者にはわからないので、下塗りを手抜きする業者も残念ながら存在します。本当に信頼関係がなければちゃんとした塗装はしてもらえません。見積もりを取るときに安さだけで選ぶのではなく、しっかりと話してくれて、こちらの疑問に確実に誠意をもって答えてくれる業者にすべきです。

そういった安心できる業者と出会えるように、依頼者側も完全にお任せというのではなく、塗装について勉強をして臨むほうが良いでしょう。作業は天気が良ければどんどん進んでいきますが、雨続きだったり、寒すぎたりすると、時間がかかる可能性があることも頭に入れておきましょう。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP