ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


外壁塗装の必要性について

2017.07.29

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

住宅を建築する場合、どうしても内装に目が行きがちですが、内装と同じかそれ以上に重要な部分が外壁です。外壁に塗られている塗料が剥がれてしまうと居住環境に大きな影響が出る事になりますので、外壁塗装の必要性について理解しておく事はとても重要です。 外壁塗装の目的は、外壁を保護し、劣化を防ぐ事です。雨や風はもちろん、紫外線なども浴びている外壁は劣化が早い為、塗装をする事でそれを防いでいますが、塗料にも耐用年数があり、その期間を過ぎると効果が減少して外壁が保護されなくなります。 そうした状況を放置すると、外壁にヒビが入ったり、ヒビから雨が染み込んで柱や天井が腐ったり、住宅の基礎に侵食して住宅の強度が落ちたり、住宅の寿命に直結する重大な問題を引き起こします。特に壁の内部や家具の裏側、床下など普段からチェックする機会がない所に影響が出る為、気がつくと雨漏りや住宅の傾きが見られるようになり、修繕に大規模な工事が必要となります。 その為、外壁塗装は一定の期間ごとに行う事が大切です。もし、いつ塗装をしたのか分からない場合は、外壁を触った時に粉が付着した時が塗装リフォームを検討するタイミングだと考えて下さい。なお、塗料の耐用年数は種類によって5年から20年程度と幅が広いので、費用と耐用年数のバランスが良い物を選択しましょう。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP