ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


サイディングの種類 ~窯業系サイディング・木質系サイディング~

2017.02.23

こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。

前回までは、サイディングボードについての必要な知識についてお話しさせていただきました。今回からは2回に渡って、サイディングの種類について詳しく説明させていただきます。

まず、サイディングの種類の1つとして挙げられるのが、窯業系サイディングです。このサイディングは、住宅外壁のシェアの70パーセントを占めており、その理由は、耐久性や防汚性、防水性などあらゆる基礎性能が高くバランスがいいからです。これの主な原料は、セメント質、繊維質原料が使われています。また、デザインの種類も豊富です。

次に挙げられるのが、木質系サイディングです。これは、天然の木材に塗装が施されたものです。ですので、防火性や防汚性があまり高くありません。また、防火性の低さのために定期的なメンテナンスも必要です。しかし、天然素材なので、木材1つ1つによってデザインも異なり、それぞれの個性や風合いを楽しむことができますし、経年変化も楽しめることでしょう。

次回も、サイディングの種類についてご説明させていただきます。

お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP