ブログ | 屋根、住宅の外壁塗装、防水、リフォームなら富士市の有限会社ケイテックスへ


知っておくと便利!油性塗料の特徴とは part2

2017.01.22
こんにちは。富士市、富士宮市の外壁塗装、雨漏り修理専門店のケイテックスです。
前回に続き、今回も油性塗料についてお話ししていきます。
・特有の匂いがある
やはり油性の塗料はどうしても匂いがあります。基本的にこの匂いはシンナーに近いもので、刺激的な匂いがするので注意が必要です。
現在では、刺激臭のする強溶剤塗料と低臭の弱溶剤形の油性塗料がどちらも使用されています。
​各塗装業者の経営方針や塗料に対する考え方があるので、どちらの塗料を使用するのかは、塗装業者次第です。
強溶剤の塗料は鼻につくきつい匂いが特徴です。
弱溶剤塗料の匂いの特徴としては、冬場暖房器具に使う灯油に似ています。
しかし、塗ってからずっと匂うわけではないので、安心してください。
​塗装を業者に依頼するときに、強溶剤塗料を使用するのか、弱溶剤塗料を使用するのか、確認することをお勧めします。油性塗料は取り扱いに注意が必要なので、注意点をしっかり守っていきましょう。
お気軽にお問い合わせ下さい!!
  • tel.0545-37-0030 0120-376-030
  • メールでのお問い合わせ
PAGETOP